apron.jpg
「C」から始まる暮らしのカテゴリ

より良く暮らす レシピとヒント


















新しい台所用品。



あっという間に桜も満開になり
お花見もしないまま

新年度が始まりました


今年は卒業も入学もなく
新しい生活という実感はないけれど

それでもこの、

四月のスタートを切る気持ちが好きで

我が家も新しくしてみましたsmile



...台所用品を。(←地味)


テーブルを拭き
シンクを拭き
一日に何度も洗って絞ってを繰り返す

消耗品の代名詞とも呼べるダスターを
まずはお取替え

kako-DDWayLtSeaREPcCt.png

選んだ色はグレーとオフホワイト



手があまり大きくないもので

四つ折りにした時のサイズ感が

kako-P0yfYbW4Ix0aAiUH.png

私の手にはちょうど良さそうなのもポイントで


kako-u3PzFvHoOzklMFq9.png

リネンとレーヨンの
ざらっとした質感は

汚れをしっかりとりながらも
乾きが早くて清潔に使えそう



そして、

同じく消耗品の代表と呼べるのが


食器用のスポンジ


こだわりというこだわりはないけれど

・手に持った時のサイズ感
・丸(楕円)ではなくスクエアな形
・不織布を貼ってないもの
・水キレの良さ

と、選ぶ基準はこの程度なのですが


ピンときたのが、これsmile

kako-1OMtcl6qYEGgxzRd.png

100年以上の歴史があるという
『亀の子束子』のスポンジ版

その名も『亀の子スポンジ』



kako-UDr6Ln2Vx7n3CdSg.png

裏表で素材が違うと
どうしても
貼り付け部分が剥がれるような不快さがあるけれど

これはそんな大きなお世話がなくて
いたってシンプルsumb


うっすらとトーンが濃く見える部分は

kako-EkVtt6qspbXNbx0A.png

素材は同じながら、

独自技術を用いた銀イオンを塗布してあるそうで

圧倒的な抗菌効果があるのだとかsumb


云うまでもなく

この文言に惹かれてしまいましたsmile


毎日使うものだし
キッチンで使うものならば

清潔でお手頃価格なのも
大きな要素ですからね


kako-O2rHJT0AwB2HXm6p.png

我が家のスポンジ置きにきちんと収まって

出番を待つ姿も実にシンプルの


以上、

大変地味ではありますが

我が家の新しい台所用品の
紹介を終わります




 
Thank you for your click!→




My Instagram→gram
CHOICE (選択) - pencils.giftrackbacks(0) pencils.gif mail mail.gif




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



おもてなしとモノ選び。
 


おもてなし、


とは云っても最近は

親しい友人を招くことが多くて

食べながら 飲みながら
様子をみて作る、

そんなラフなスタイルが主流になりました



準備しておくことと云えば。



最初に簡単につまめるものを数種と、

オーブンに任せる料理の下ごしらえぐらい。


お薬味のネギが

仮に 切れたフリして
つらつらと連なっていたとしても


NEGI.png


笑って済む(それもどうかと思うけど

そんなラフなおもてなし




最近購入した石のチーズボードも

おもてなしにはぴったりで


文字通り

CHEESE.png

チーズ数種やくるみ、いちじく

ワインのお供をまとめてのせれば
ターンテーブルがくるくる回って使いやすい



野菜を色々
ディップを数種作って並べても



具沢山のおそうめんの
お薬味や付け合わせをのせても便利


そのターンテーブル、


普段はキッチンのオープン棚へ。


グラス類をまとめてのせれば

GLASS2.png

くるくる回って

とりやすくしまいやすい


狭いキッチンだからこそ、

収納スペースを確保するよりも

こうして、
グラスの収納に使ってしまう



来客が多いときは
これごとテーブルに置いても良し


こうして


幾通りにも使えること。


これがわたしのモノ選びの基準です


...ただの貧乏性とも云う







Instagramのページはこちら→ ♡ 


Thank you for your click!→




My Instagram→gram
CHOICE (選択) - pencils.giftrackbacks(0) pencils.gif mail mail.gif




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



バッグの中のまとめ。






今日は楽しみにしていたおでかけ



けれども

あいにくのお天気で 気温も低め




『さて、何を着ていこう?』と

いつも以上に真剣に悩むわたし




そもそも

当日の朝にならないと 
着ていく服が決められないわたしは

当然、合わせるバッグも 
その日にならないと決まらず....


時間のない朝は 
ついうっかり 何かを忘れるのも良くある話




そのわたしの歴史に ピリオドを打つかもしれない
(↑おおげさ

5.png

シンプルなキャンバス地の このポーチ






6.png

ファスナーを開くと





5.png

ふたつのポケットに分かれる仕組みで






片方には メイク道具


8.png






もう片方には

6.png



コロンと
ピルケースと
ハンドクリームと
目薬を

7.png





マチのないデザインなのに
思った以上に入る 頼もしい収納力


お財布とほぼ同じサイズなので
バッグの中で 収まりが良いのも○



細々としたモノがまとまったので



このポーチと
お財布と
スマホ




外出先から帰ったら
この3点セットを


リビングのドロワーの引き出しに戻してしまえば


これまでのように


バッグが玄関やリビングのどこかに放置される、
というだらしのない光景も なくなって



出かけるときも

これさえ入れればOK!という明快さ






朝の支度がスムーズになりそうだから
これからは


....あと5分は長く寝ていられるな(おいっ!)














Thank you for your click!→




My Instagram→gram
CHOICE (選択) - pencils.giftrackbacks(0) pencils.gif mail mail.gif




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



この器みたいに。




相変わらず ばたばたと忙しい毎日



子どもの夏休みという非日常に加えて


わたしも個人的に 頭を占める案件がありまして


もともと器用なタイプではないもので


そちらに気をとられてしまって

ここのところずっと
『心、ここに在らず』な状態




『考えなくちゃ』
『やらなくちゃ』

と、気持ちばかり焦るけれど

まとまる気配さえないわたしと(←笑えません)




対照的なのがこちら




15.jpg

有田焼の伝統を踏襲しながら
新たなアプローチで作られたという

made in Japan のこの器




1616.jpg
               ーHPよりー


潔いほどシンプルで
スクエアなこのお皿は

サイズ展開も色々ですが

どのサイズを組み合わせても

18.jpg


17.jpg


気持ちよいほどぴたりと

16.jpg

角が揃う気持ちよさ




こんな風にすっきりと考えがまとまったら...と

お皿さえ羨む、今日この頃






Thank you for your click!→




My Instagram→gram
CHOICE (選択) - pencils.giftrackbacks(0) pencils.gif mail mail.gif




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



『たいへんよくできました』









正直なもので

暑くなると 
冷たい飲み物が欲しくなります



そんなときの我が家の定番と云えば


1.jpg

デュラレックスのプリズム


光を受けたときのキラキラとした様子も好きだし

何より業務用のタフさが気楽



でもさすがに10年以上使い続けていると
若干、見飽きてきた感もあり



新しく仲間入りしたのは

2.jpg

二重構造の耐熱保温冷グラス



...と云えば

ボダムのダブルウォールが有名だけれど

丸いフォルムと
ガラスの厚さが どうしてもネックで



このグラスは

よりシンプルな コップらしいカタチで
飲み口も薄く



15.jpg


側面が平らで持ちやすいのも良さそうです





熱いコーヒーを入れても
底に熱が伝わらないから

4.jpg

テーブルに直接置いても問題なし

いちいちコースターにのせなくて良いなんて
なんて便利


『たいへんよくできました




コースターと云えば

氷を入れて冷えたグラスは
あっという間に水滴でびしょびしょになるけれど




5.jpg

グラスに氷を入れて


6.jpg

エスプレッソマシンで直接淹れる
アイスコーヒーも


7.jpg

このグラスなら水滴知らず


14.jpg

中身が浮いて見えるのも また楽しい






12.jpg

更に冷たいアイスクリームをのせた
逆・アフォガートも(←つまりアイスコーヒーフロート





13.jpg

汗をかくことなく 涼しげ


温度差をものともせず 結露しないなんて

『たいへんよくできました





思った以上に 使い勝手が良いから

試しに...と 二つ買ったグラスを 
あと二つ追加


こんなに使えるグラスが
二つで600円程度って


機能もさることながら
この価格が!



『たいへんよくできました








Thank you for your click!→




My Instagram→gram
CHOICE (選択) comments(4) pencils.giftrackbacks(0) pencils.gif mail mail.gif




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



キッチンのショートカット










静かにひたすらに雨が降り続き
日差しのひとつもない
 
なんともテンションの下がる一日



こんな日をショートカットして

いっそ秋まで行けたらいいのに



なんて たわいない独り言はさておき、


今日はわたしのキッチンでのショートカットのお話です



先日、お話したWMFのお鍋



このお鍋を迎えるにあたり
さよならした

鋳物琺瑯の白いお鍋(24cm)と
大きな楕円の鉄のお鍋(30cm)が
いなくなったので

それなりにスペースは空いたけれど


使用頻度がぐっと高くなった 今回のお鍋なら
しまいこまなくても良さそうです


....というわけで 


新しい収納場所は





ジャン!!

9.jpg


キッチンの出窓に置いただけ



けれど この場所、

すぐ手が届くという意味では
申し分のないベストポジション


小さめサイズだからこそ、の収納場所でもありました



そして 片手鍋は

13.jpg

こちらにハンギング


根が無精者なので

基本的に吊るす収納が好きですが
(ピーラーやメジャースプーンもぶら下がっているでしょ


14.jpg




吊るす収納と云えば!の S字フックが どうも苦手


『S』という曲線のフォルムがそもそも好きでなく
(あ、わたしの名前のイニシャルも『S』でした)

いざ、ひっかけようとすると
フック自体が前後に揺れて動いて
イライラするもどかしい




そこで わたしが選んだのは
マグネットのフック

17.jpg

こんなに小さいのに3kgの耐荷重


片手でひょいとかけても
フック自体が 勝手に動くことはないから
ストレスレス!

他にもかけられるように

隣にももうひとつ、スタンバイ中

おまけにあと5つほど、ストック中




えーと...。


この日記を長く読んで頂いている方は
既にご存知かと思うのですが


わたしは 本当にマグネットが好きで

この木製のstaubの鍋敷きも

16.jpg

実はマグネット入り




中に磁石が入っているから

11.jpg

鍋底にピタッ!とくっつきます






お鍋をテーブルに運ぼうと思っても


両手で持ってしまうと

鍋敷きを持っていく手が....




....もう、ない。(←あったら恐い


それでも

この鍋敷きならば

10.jpg

キッチンで鍋敷きにのせれば


そのまま食卓まで 勝手にくっついてきてくれるから


熱いお鍋を置くには 抵抗のある
木のテーブルも 

12.jpg

これなら安心、手間要らずなのですよ





...と、ショートカットなんて云いながらね...


回り道をどれだけしたことか










Thank you for your click!→




My Instagram→gram
CHOICE (選択) comments(8) pencils.giftrackbacks(0) pencils.gif mail mail.gif




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



これからの台所道具。








数ヶ月前から なんとなく
『これから』の暮らしを考えているところ


家族のこと
仕事のこと
自分自身のこと...



そんな気持ちから

持ち物に対する考え方も
少しずつ変わってきた気がします


まずは台所道具




『生きることは、食べること』

このベースとなる場所だし
毎日のことなので

やはり主婦的には ここの持ち物はとても大切




これまで長い年月をかけて 
選んで使ってきた道具たちではありますが

道具と一緒に 
わたしも家族も 歳を重ねてきているわけで

全てをこれまで通り、
同じ頻度で 同じ使いやすさで
付き合っていけるとは限らず...





男の子ふたりの4人家族の我が家は

食べる量もそれなりで

『大は小を兼ねる』とばかりに
比較的、大きめな道具が多い


先日は

大きくて立派な鯛を頂いたので
鯛飯を作るべく

大きな無水鍋で5合の鯛飯を作ったり

WMFの6.5Lの圧力鍋で
20皿分のハヤシライスを作ったり(←給食か!)


そんな日がある一方で



子どもたちの成長に伴って 最近は

4人揃ってゴハンを食べることが
本当に少なくなってきて


これまでは
多めに作って 小分けにして冷凍保存

というパターンが多かったけれども



...やっぱり、作りたてに勝るものはないですからね



もっと小まめに作れる、

小回りのきく道具の必要性が高くなってきたのです






そこで これ


1.jpg

径14cmの


2.jpg

片手鍋とお鍋のセット




少し小さめのようですが

実はこのサイズがとても使いやすい

ちなみにこの、14cm径

注ぎ口がなくても
水切れがすこぶる良くて
垂れることが全くない

この気持ちよさは 病み付きになります



お弁当用の小さなおかずや副菜
お味噌汁
たれやソース作り

とどまることがないほど 良く使います


そして


3.jpg

こちらは径18cmの


5.jpg

コランダーと


4.jpg

お鍋のセット



体のことを
以前よりも考える年齢になり(笑)

積極的に野菜を摂りたくて
最近、ハマっている
蒸し野菜にぴったりです

お豆腐も蒸すと 驚くほどなめらかで美味しい


お鍋は2合のゴハンを炊くのにちょうどよく

家族があまり好まない雑穀米を
自分用に炊いたり

炊き込みゴハンを作って
テーブルにそのまま出せば

『釜めし』のようで楽しい(...と、長男

お鍋でスープを作りながら
重ねたコランダーで付け合わせを調理

という時短も得意とするところ




わたし的にとても優れたこの鍋たちは

8.jpg

わたしが絶大な信頼を置くWMFのもの



とはいえ

新しい道具を迎えるにあたっては
よーくよーく検討し

お店にも何度か足を運んで
時間をかけて選んだわけですが

購入に踏み切ったのは


遠い将来、
子どもたちも独立して

夫婦二人になったときも

このお鍋ならずっと使えるサイズだと思えたこと




そして 一番大きな理由は。


更にその先、

5つ歳上の夫が先に旅立ち(...ごめんね、夫)笑

わたしが一人残ったとしても



この使い慣れた道具が手元にあったら嬉しいな、と。



そして 姉と一緒に(←双子だけに 姉はまだ健在だと信じて疑わず

この鍋で炊いたご飯を 
そのままテーブルにのせて
それぞれのお茶碗によそいながら

二人で向き合って食べる画を想像したら

なんだかほっこりとした気持ちになれたから。



これが一番、大きな理由




さて。

今日はずいぶん長くなりました


新しいお鍋がやってくると
考えなければいけないのが その、収納。


その話は また次回。














Thank you for your click!→




My Instagram→gram
CHOICE (選択) comments(4) pencils.giftrackbacks(0) pencils.gif mail mail.gif




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



このカタチが好き。







無条件に無意識に好きなカタチ





言い換えるとそれは

本能で好きなカタチとも云えそうです






もともと丸よりも カクカクとした四角が好きで

とりわけ『正方形』に目がないようで




乗せるコップが丸くても

受けるコースターは四角が好みで



石のコースター然り

1.jpg


手製のレザーコースター然り

2.jpg





気付けば他にも色々と 
集まってきた『正方形』たち...


3.jpg


....いったいいつの間に(←はい。わたしが買いました






6.jpg
鉄と


5.jpg
ステンレスと


7.jpg
ミラーガラスと





これは 以前にもご紹介したことがあるけれど

8.jpg

オーダーで作った ティッシュケース




ミラーガラスは 

花器として使うこともあれば


今は

10.jpg

メモ帖とペンを入れて




つや消しのステンレスは

11.jpg

グリーンを入れても良し





12.jpg

ティッシュケースにも良し



テーブルでカトラリーを入れるのにもいい




....と 

どこに置いても何を入れても
おさまりの良い正方形に ますます加熱しそうだけれども



心はまあるくありたいところ





Thank you for your click!→




My Instagram→gram
CHOICE (選択) comments(2) pencils.giftrackbacks(0) pencils.gif mail mail.gif




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



『嫌われたイス』と『最高のイス』









ある日のこと



ふと気付くと



フォルムの美しさが気に入っている Tolixのイスが






こんな目に....

13.jpg






フォルムどころか

15.jpg

原型が見えないほどに(笑)
クッションを重ねられた模様....


どうやら。


....嫌われているらしい、Tolixくん



------------------------------------------------------------------------


最近、ダイニングのイスを再検討中です



これまでを振り返ると 気持ち悪いほどに

あーでもない、こーでもない、と
取り替えてきたイスたち


好みの変化もあるけれど



この間行ったお店で 

アンティークのちょっとサビのあるイスに
座るのをためらう人がいて。

古材のテーブルに手をつくのをためらう人がいて。



そういうテイストを好む人もいれば
抵抗をもつ人もいるんだなという

当たり前のことに 改めて気付いたので



本当に座りやすくて 
(出来れば誰にでも)居心地の良いイスを(←欲張り)
探したいなと考えているのです



デザインはもちろん大事だけれど

座ってみなければ分からないから、と


あっちにこっちに足を伸ばして 座ってみる





これまで興味のなかったEamesに
何故か最近、惹かれ始めて座ってみると

eames。.jpg

確かに
長く愛されるデザインも良く
丸みのある座面は座りやすいけれど


硬めの素材故、

『長時間座るのはきつい』と店員さんのアドバイス






ずーーーーと気になっていたPerriandのイスは

perriand.jpg

見た目はダントツに好きだけれども


perriand..jpg

フレームのスチールが
座ったとき ひざ裏に当たるのが気になる



それならば いっそオールレザーのCabChair

cab.jpg


けれども実は

このイスは 過去に使っていたことがあって


夏の汗ばむ季節に 革のイスはちょっと抵抗もあり






振り返ってみると

これまで座って一番座り心地の良かったのは

D.jpg

Dチェアだったかも...(さすがmade in Japan!)と思うも



あっけなく処分された例を間近で見ていただけに
未だ若干、踏み切れず




という具合で

完全なる『ダイニングチェアジブシー』状態




けれどももう二度と 

買い替えることがないように


そして

嫌われてしまうことのないように



じっくりじっくり
時間をかけて 探していくつもりです




『最高のイス』を








Thank you for your click!→




My Instagram→gram
CHOICE (選択) comments(4) pencils.giftrackbacks(0) pencils.gif mail mail.gif




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...



つるんつるん&ぴかぴか









先日、友人に付き合って行った化粧品のカウンター



BAの方にメイクをしてもらうのは苦手なもので

ひとり 我関せず、と
うろうろしていたら

肌の水分量を計ってくれるというので


それなら試しに、とお願いしてみたところ




なんと!



水分と油分のバランスがとても良く
キメも細かく

実際の年齢よりも 10歳ほど若い(らしい)のです




....えーと。シミはまた別の話




年齢を考えると 
そこそこの基礎化粧品を使うのが良いと

分かっているけれども


特に決まったものを使うでもなく

値段もバラバラで お手頃なものもあり、で

18.jpg

こうして詰め替えて

いつもリビングに出しっ放しにして
こまめに補給するようにはしているけれども







他に思い当たることがあるとすれば

38.jpg

この洗顔タオル




------以下、HPより抜粋------------------------------------

和紙の持つ油分を吸収する作用を生かした
石けんを使わず洗える洗顔タオル。
お湯に濡らして軽く絞って、お肌をマッサージするように
やさしいタッチでこするだけ。
老化角質をむりなく取り除いて、お肌がツルンツルンに。
---------------------------------------------------------------


というとおり


たっっぷり濡らして(殆んど絞らずに)
ゆるーく肌をこするだけで
 
適度な水分を残しつつ
余分な汚れや油分は落として

洗い上がりの肌が
ツルンツルン&ぴかぴかになるのです


もちろん

肌はとてもデリケートだし
人それぞれの肌質もあるし


実際、わたしがプレゼントしても
使っている様子がない人もいるようなので(笑)

声を大にして『オススメ!』とは 云えないけれども


気になる方は一度 試されてもいいかもしれません

ポイントは『こすりすぎないこと』








擬音語は幼児性の現れ、と云うけれど

『つるんつるん』とか『ぴかぴか』とか

そういう言葉に 最近めっぽう弱くって








Thank you for your click!→




My Instagram→gram
CHOICE (選択) comments(4) pencils.giftrackbacks(0) pencils.gif mail mail.gif




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...




1/5 >>
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
.  .   .